アルクトゥルスの空

宇宙人すばるの地球生活滞在記。時どき、知り合いのUFO遭遇体験の聞き書きなど。本家イラスト&音楽サイトは http://subarutei.blue

またもイルカ

f:id:sorarisukk:20170329181721j:plain

きらら 流れる ゆめとゆめ

道を流れる 遠い雨

窓越し世界にきらめいて

ぼくは明日を眺めてる

 

きらら 流れる 愛とゆめ

胸に溢れると人は言う

窓越し世界はきらめいて

ぼくは明日を数えてる

ハンガリー地質学研究所

f:id:sorarisukk:20170324205755j:plain

レヒネル・エデン

地質学研究所(ハンガリー

 

建築パースの時間に、描いた。

UFO目撃体験談〜第7譚〜その2

Kさんの体験談、2つ目と3つ目だ(その1はこちら)。

f:id:sorarisukk:20170324203001j:plain

2つ目の時、こんな感じで編隊を組んでいた、とKさん。

 

「1回目が40年くらい前。

その次がでも……30年くらい前で、

その時は同じタイプのものをしょっちゅう見ていたの。

『そんなに見るならいっぺん見せてみろ』と友人に言われ

だいたいいつも見るスポットに連れて行って、そしたら

みんなで見たの。それが2回目」

 

「美術系大学に通ってたの。大阪で。

帰り道、夜、5機で、5つ並走してるのをいつも見るの。

基本形が決まってて、5つで編隊を組んでいる」

 

「今日はいるなーって思うと、

ちゃんとした飛行物体だったのかもしれないけど、

直角に動くの。四角い感じ。5機並んだまま、

編隊を組んだ状態で」

 

「両端4つの真ん中に1つ。

大きなものに5つのランプがついているのか、

ひとつひとつの物体の光なのかそれは判らない。

でも想像するに、ひとつの物体に5つランプが

ついているとしたら、すごく大きな物体だから、

無音なわけがないと思うの。

もしひとつひとつの乗り物だとしたら、

その距離を保つのってどんな訓練を積んでるのかなって」

 

「友人とかと一緒だとあまり見なかった。

ひとりでの帰り道によく見てたの。

聞くところによると見る人が多いエリアで。

友人皆に『一回見せろ』って言われて、

皆でそのエリアに言ったら、皆で見た。

帰り道、見上げてしばらくするとそれが現れて、

『ホントやー』って誰かが言った」

 

「でもその瞬間に、バス停に面した家の門が

バーンって開いて、一人が気絶とかしかけて。

UFOとは関係なかったと思うんだけど、大騒ぎになって。

二度と誰かにその話はしない、と」

 

「夏ではなかったわね。春かしら」

 

ということは、

ご友人らと遭遇した際には、未確認飛行物体が

消えるまでゆっくり見ていた、という感じでは

なかったようだ。だが忘れられない思い出になったはず。

 

その頃の、よくUFO(未確認飛行物体)を見ていたことと

その後について、Kさんは。

 

「もう何かこれで真剣に見ないようにしよう、

と思って、そうしたら見なくなった。

それなのになぜか見ちゃったのが十数年前、

それが3度目のことになります」

 

では、3度目の体験談を伺う。

 

「2000年になってたかなぁ。

電車の中から、並走しました。

立って吊革を持って、窓から外を見てた。

ぴゅーっと、鏡面体を捉える角度に

私が入ったのかな、と」

 

「けっこう大きい丸い白いもので、

真昼間。光ってるというか、そんなには光ってない。

光を放ってるというより、電球とかじゃなくて、

そのものが発光してる感じ。飛行機とかはあてはまらない」

 

「誰かが何か光を放ってるものを持っていて、

それがガラスに反射しているのを見てるのかなぁとか、

ありとあらゆる可能性を考えたけど、どう考えても

私の目の前にあって」

 

「けっこう低かったの。怖いことに。

大きかった」

 

UFOに、窓などはなかったのだろうか。

 

「輪郭とかがないんだもん。(なので窓などはない、判別できない)

私が今まで見たものはすべて輪郭がない。

輪郭のない鏡面体。

光そのもの。発光体。光、やね」

 

とのことだ。

 

電車の中から見たものは、

どうしてほかの人は誰も気づかないのか、と思ったそう。

「どうしてみんな見てないの? あれあれ、

そこにほらほら、私と同じ方向向いているのに

皆気づかないの」と、Kさん。

 

私たちの周りでも、隣人がその時まさに

UFOを目撃しながら声をあげようとしている、

という事例が多発しているのかもしれない。

 

たくさんの人が何らかの機会に目撃したことがあるという

UFO(未確認飛行物体)。これからも体験談を集めていきたい。

 

Kさん、ご協力ありがとうございました。

UFO遭遇体験談〜第7譚〜その1

UFOの目撃体験談、第7弾。

 

今回話を伺ったのは、ミステリアスな雰囲気を

持っている女性(マダム)、Kさん。

強烈な体験として3度、そしてその2度目は

それに至るまでに何度も目撃を重ねたという。

 

その体験を伺った。

 

「一番最初は40年くらい前、70年代。

小学校だったか、中学に入ったか」

 

「1回目は父と見たんです。

誰かと一緒に見ることができるものだ、って、

だから2回目までは思ってた。3回目はついに

これはもしかして皆には見えないのかな、って」

 

「アピールしてくるタイプのUFOと、

そうじゃないのがいるのかも(笑)」

 

その、お父さんと見たという1回目の

体験について、詳しく伺った。

 

大阪府下に暮らしてたんです。

父と買い物がてらの散歩をしていて、

その時の情景ははっきり覚えている。

ふつうに交通量があって、友人の家のすぐ近く、

立体交差になってる通路の向こうに幼稚園があって、

父とそこを歩いていて、どちらが先に見つけたのかーー」

 

「あっ、て空を見た時に、

(空を見上げる用事なんてないのにね(笑))

銀色の丸い鏡面体、5層構造なの。

『重なってるねー』って父と話した。

『光ってるねー』『うわぁ、すごいねー』って」

 

「父はなんでも知ってる、とその時までは

信じてたんだけど、さすがに父もそれは知らなかった。

衝撃の日でした(笑)」

 

「けっこうしっかり立ち止まって見てた。

5分は見てました。長い時間。

夜じゃなくて、まだ明るかった。

真昼間ではなかったけど。夏でした」

 

「浮遊してるの。鏡面体だから、そこにあるのか、

角度が変わると見えなくなっちゃうーーみたいな

感じで消えた。銀色のものが飛んでたのに」

 

とのことだ。

 

鏡面体で、5層構造だったと

はっきり覚えているというKさん。

 

一口にUFOと言っても、形や見え方、そして

人間にアピールしてくるUFOなのかなど、

様々な違いや種類があるようだ、というのが

明らかになってきた。

 

続けて、Kさんに2回目と3回目の体験談を聞く。

UFO遭遇体験談〜第7譚〜その2 へ

UFO遭遇体験談〜第6譚〜

UFOを見た、という目撃体験談、

第6弾は店先で「僕もUFO見たんですよ」と

教えてくれた、自営業のIさんの話だ。

 

--------

 

「俺もね、もうすごい昔で、

あれどこだったかなぁ、

沖縄かなぁ? 違うかなぁ」と話し始めてくれたIさん。

 

「不規則に、上下左右に動くんですよ」と、

四角いUFOの軌道を指で描いてくれた。

 

「光ってる感じは人工衛星

だからなんとも、どうだったんだろう、

俺の中ではUFO。UFOってことにした!」

 

「夜で、数分ですね。

最後はひゅって消える。

冬じゃなかったね、夏だね」

 

とのことだ。

UFOの軌道が四角いというのは興味深い。

夏の夜、人工衛星のような光が数分間、

上下左右に動く、というのは

具体的にこちらでも想像がつく。

 

しかし、そんな動きをする人工衛星があるだろうか?

しかも、最後はひゅっと消えてしまったという。

……UFOなのだろうか?

イルカの惑星

f:id:sorarisukk:20170308192902j:plain

この惑星に降り立って
まず
目に留めたのは 青

 

この惑星に降り立って
次に
心留めたのは 緑

 

空の青
森の緑
緯度と光の調和で
その土地その土地
違う反射を見せてくれる

 

その青と緑の
違い方が
時に孤独も作り
時に郷愁も生む

 

生まれた土地
降り立った土地
今はもう
遠く帰れない土地
その場所の光
緑と青――

 

今はもう
なじみ日々生きる土地
この日々の光
緑と青――

龍の目撃体験談〜第1譚〜

今日はUFOではなく

「龍」を見たという話だ。

 

--------

 

高校生のRくん。

龍を見た話は普段もなかなか話してくれないが、

この度頼んでみて少しだけ聞くことができた。

 

「小さい時と中学生の時ですよ。

見たのは曇りの時でしたね。

明るい時、晴天の時は見えないです、

曇ってる雲と雲の間にいるんです」

 

大きさは?

「大きいんですかね?

雲に比べるとだいぶ小さいです。

飛行機10個分くらい」

 

白いんだよね?

「ハイ、白いっす」

 

千と千尋の神隠し」の龍のようだ、

と以前伺ったが……。

「いやぁそんなことはないです。

幼い頃の夢ですね、僕からしたら。以上!」

 

むむ、Rくんから話を引き出すのは難しいが、

ここまで具体的に聞けたのは初めてだった。

 

Rくん以外にも「龍を見た」という

体験談をお持ちの人には出会ったことがある。

「龍」のこともUFO同様、扱っていきたい。

セレファ・ステラの恋人より2

いつまでも 隣にいたい 君の隣に

お別れなんて 一瞬もできない

耐えられるように できてないの

 

どうしたらいいか 君は聞きたい

そうね とりあえず 深呼吸して そうしたら

空の星を数えてみて

あなたの好きな月を思い浮かべて 今

もし そこに 空がひらけてなくても

 

いいえ私 しゃべりたいの あなたと

そうよ私 隣にいたら いいかしら

あなたが 眠りつくまで あなたが

落ち着いて 心 とりあえる ようになるまで

--------

 

前世の僕が歌ってくれた。

 

UFO遭遇体験談〜第5譚その2〜

会社員さやおさんのUFO体験談、

4例目、2014年頃の最新の話だ。

 

(前の3例は直前の記事、

UFO遭遇体験談〜第5譚その1〜参照)

 

--------

「4回目は上賀茂神社

夕方くらいですね。そうですね、日暮れ頃」

 

「飛行機みたいな感じでゆっくり動いてたんですけど、

パッと消えたんですよ。だからUFOかと」

 

色とかは。

「色、あんまり覚えてないなぁ。夕方やったし。

光っぽかった気はするんですけどね」

 

何分くらいでした?

「自転車に乗ってて空に見えた。

じーっと見てたらパッと消えた。

30秒くらいかな」

 

「いっしょにいた人もそれを見てて、

光が消えたから『今、消えたよね』って言ったら

『うん、それ思った』って。二人が同時に見てたんです」

 

二人でその話はしましたか?

「しましたね。まぁUFOだね、って」

 

もう一人の人は初めて見た、と?

「いや、それは聞いてない」

 

3例が2000年頃で、4例目は2014年頃。

久しぶりだったんですね、と伺うと

そうですね、とおっしゃっていた。

 

--------

こんなにたくさんのUFOを(空母まで)

目撃されているさやおさん。

UFOってなんだと思いますか、と尋ねてみた。

 

「他の惑星の人の乗り物でしょうね。

自分がまだ知らない星の人たち」

 

UFOは精神体だという説もありますが、金属だったのか。

「いや、絶対金属でできてますよ!

あれは高度な文明ですよ」

 

ということは、宇宙を飛んできたってことなのでしょうか。

と聞くと、僕たちの知らない文明はたくさんある、

といった話をしてくれた。興味深いが、とても自然な考え方だ。

 

--------

 

筆者すばるは、これで京都に越してきた4年で

UFO目撃者を直接会える・会った人で

おそらく10人知ったことになる。多い、多いぞ京都。

 

特に今回の例は洛北の岩倉、上高野と場所がピンポイント。

上賀茂神社の近くでは、鴨川でよくUFOが見える、という

話をしてくれる人にもお世話になっている。

(後日改めて取材したい人だ)

 

京都ってUFOが多いんですかね、とさやおさんに聞いてみた。

 

「えぇ? 多いんですかね?

東京の人はいないんですか?」(すばるは東京出身)

 

うーん、東京から京都に来ている友達で

UFO目撃者の人はいる。この間のさやかさんも

京都在住だが、神奈川や新潟で見たはずだった。

 

やはり、UFOは日本全国で観測できる

少しレアな、人工衛星並みの一種の天体現象(?)なのかもしれない。

UFO遭遇体験談〜第5譚その1〜

UFO遭遇体験談、5件目は

30代の会社員、さやおさん(仮名)だ。

f:id:sorarisukk:20170305203627j:plain(空母)

さやおさんとはUFOつながりで知り合ったわけではない。

話しているうちに「僕も見たことあるよ」とさらっと言われた。

始終落ち着いた調子で、「取材っていってもそんなに

(特に)話すことないよー」と当たり前のことのように

話してくれたのが印象的だった。

 

さやおさんが描いてくれた空母のイラストもある(上図)。

 

--------

さやおさんは、4回もUFOを見たそうだ。

 

1回目はいつだったのですか?

「3回ともたぶん20歳くらい。20年くらい前」

 

洛北(京都の北のほう)ご出身ですが、京都で?

「1回目2回目が岩倉で、3回目が上高野。

4回目は2、3年前で、上賀茂神社です」

 

岩倉ということは、近所で見られたようだが。

「そうですね、2回は」

 

夜でしたか?

「夜です」

 

そうして見たときのことを、詳しく話し始めてくれた。

 

「光がその2回はすごくありえない動きをしてた。

瞬間移動みたいな。ひゅーっと動いてて消えて、

また違うところに出てきて、最終的に消えちゃう。

2回ともそんな感じ」

 

「何色というよりは、光ですね。その2回。

夜なんで白っぽかったかな」

 

飛行機などとは、もちろん違うのだろうか。

 

「飛行機ってけっこうゆっくりじゃないですか。

ワープしたりしないし」

 

見た時にUFOだと思ったのでしょうか。

 

「うん。だって他にないじゃないですか。

昔からそういう番組が好きだったしね」

 

ワープして消える、というと、現象は何分くらいだったのか。

 

「1分2分くらいじゃないかな。

真っ暗闇で、形とかは特に見えず、光なんですね」

 

--------

では、上高野で、同じく2000年頃という3例目は。

 

「三角形のかなりでかい空母みたいなのでしたね。

光が光ってる。昼間でした。形がしっかり見えるんですよ」

 

そうして、空母の絵を描いてくれた。これだ。

f:id:sorarisukk:20170305203627j:plain

三角形のものが空母。○は飛行機の大きさだ。

三角形の右のほうには窓がいっぱいあって、

ピカピカ光っていたという。

 

「こんな形の三角形で、そうとうでかい。

単体でゆっくり動いてた。いや、収納される

機体とかは見てないです。明るい時間、

12時とか3時とかそれくらいじゃないかな」

 

色は。

「シルバーですね。

本当に何か映画に出てきそうな」

 

見た時、どう思いました?

「なんやろうなこれは、と」

 

異様な感じですか。

「うん。空母ってなかなかないでしょ」

 

すごいものをこれで3回も目撃されたことになるが、

宇宙人や宇宙の存在のことはどうお考えなのだろうか。

直球で「宇宙人は信じますか?」と尋ねてみた。

 

「信じますよ。宇宙は広いから。

いろんな文明があっておかしくない。

誰も見てはいないから、全部の星を自分の目で」

 

--------

最後4例目は、つい2、3年前のことだという。

ここからは次の記事(〜その2〜)を。