アルクトゥルスの空

宇宙人、星の子すばるが今日も地球生活をがんばる。日々のイラストと思い、知り合いのUFO遭遇体験の聞き書きなど。本家イラスト&音楽サイトは http://subarutei.blue

UFO遭遇体験談〜第5譚その1〜

UFO遭遇体験談、5件目は

30代の会社員、さやおさん(仮名)だ。

f:id:sorarisukk:20170305203627j:plain(空母)

さやおさんとはUFOつながりで知り合ったわけではない。

話しているうちに「僕も見たことあるよ」とさらっと言われた。

始終落ち着いた調子で、「取材っていってもそんなに

(特に)話すことないよー」と当たり前のことのように

話してくれたのが印象的だった。

 

さやおさんが描いてくれた空母のイラストもある(上図)。

 

--------

さやおさんは、4回もUFOを見たそうだ。

 

1回目はいつだったのですか?

「3回ともたぶん20歳くらい。20年くらい前」

 

洛北(京都の北のほう)ご出身ですが、京都で?

「1回目2回目が岩倉で、3回目が上高野。

4回目は2、3年前で、上賀茂神社です」

 

岩倉ということは、近所で見られたようだが。

「そうですね、2回は」

 

夜でしたか?

「夜です」

 

そうして見たときのことを、詳しく話し始めてくれた。

 

「光がその2回はすごくありえない動きをしてた。

瞬間移動みたいな。ひゅーっと動いてて消えて、

また違うところに出てきて、最終的に消えちゃう。

2回ともそんな感じ」

 

「何色というよりは、光ですね。その2回。

夜なんで白っぽかったかな」

 

飛行機などとは、もちろん違うのだろうか。

 

「飛行機ってけっこうゆっくりじゃないですか。

ワープしたりしないし」

 

見た時にUFOだと思ったのでしょうか。

 

「うん。だって他にないじゃないですか。

昔からそういう番組が好きだったしね」

 

ワープして消える、というと、現象は何分くらいだったのか。

 

「1分2分くらいじゃないかな。

真っ暗闇で、形とかは特に見えず、光なんですね」

 

--------

では、上高野で、同じく2000年頃という3例目は。

 

「三角形のかなりでかい空母みたいなのでしたね。

光が光ってる。昼間でした。形がしっかり見えるんですよ」

 

そうして、空母の絵を描いてくれた。これだ。

f:id:sorarisukk:20170305203627j:plain

三角形のものが空母。○は飛行機の大きさだ。

三角形の右のほうには窓がいっぱいあって、

ピカピカ光っていたという。

 

「こんな形の三角形で、そうとうでかい。

単体でゆっくり動いてた。いや、収納される

機体とかは見てないです。明るい時間、

12時とか3時とかそれくらいじゃないかな」

 

色は。

「シルバーですね。

本当に何か映画に出てきそうな」

 

見た時、どう思いました?

「なんやろうなこれは、と」

 

異様な感じですか。

「うん。空母ってなかなかないでしょ」

 

すごいものをこれで3回も目撃されたことになるが、

宇宙人や宇宙の存在のことはどうお考えなのだろうか。

直球で「宇宙人は信じますか?」と尋ねてみた。

 

「信じますよ。宇宙は広いから。

いろんな文明があっておかしくない。

誰も見てはいないから、全部の星を自分の目で」

 

--------

最後4例目は、つい2、3年前のことだという。

ここからは次の記事(〜その2〜)を。